優れた環境保護的側面

優れた環境保護的側面をもつ生育環境が特徴的な大麻草についていうと
大麻草の生育環境というと現在では大麻取締法で取り締まられているために一般の人はほとんど知らないという感じになっています。
しかしながら第2次世界大戦後に大麻取締法が施行されるまでは日本のどの山にも大麻草は自生していたわけでして、戦前、戦中を生きてきた高齢者の方は大麻草の生育環境を良くご存知の方も多いです。
なぜ高齢者の方が大麻草になじみがあるのかというと、日本の神社は大麻草の存在との関係が濃くて鳥居にかけられる縄も麻製であることが普通であったり、服の生地が麻製であったりすることが日常的な状態で過ごしてきたからという理由があります。
種子、葉、果実には薬効成分が含まれていて食べると身体の調子が良くなるということは民間療法として伝承されてきていますから、大麻草は人間が健やかに生きていくために必要な植物としてかつては日本人の誰もが認識していました。
法治国家の常というかたちで法律ができている以上は従うという感じになって戦後60年以上を経過したわけですが、その後の日本国土においてどんなことが起こっているのかをみると、大麻草の自生を許さなくなってきたためにさまざまな災害や不利益が起こっているのです。
大麻草の発芽の際には大量の二酸化炭素を消費する必要があるわけでして、それによって大気中の余剰な二酸化炭素が減少するという側面があったため、温暖化防止という環境臍側面における大麻草の優れた作用を打ち消してしまったとされています。
しかも最近、大雨が降ると山で地滑りが起きてふもとに存在する集落に土砂が直撃するという被害が多くなっています。
これは山に植えた木が杉の木でもともと値を深く張る事が少ない種類なために表土が滑りやすくなってしまったという理由もありますが、下草としてしっかりと深く根を張る大麻草が自生を禁止されてしまったから表土がしっかりと値にからめとられることもなく滑り落ちやすくなってしまっている野も大きな理由の一つです。
環境温暖化の原因である過剰な二酸化炭素量を発芽の際の消費で大幅に減らしてくれる大麻草の生育環境は、深く根を張ることでも地滑りを防止してくれて山間部の安全面をサポートしてくれていたわけですから、環境保護側面での大麻草の貢献はかなり高いものといえます。
環境保護側面で更なる大麻草関連の話題としては、土壌中の重金属を素早く吸収していく土壌浄化作用が大麻草にはあることを挙げます。
高度経済成長期には知らず知らずのうちに大気中に化学物質を排出していたという状況なので、土壌にも化学物質が堆積していることは容易に想像がつきますから、土壌の浄化を薬剤によらずに自然の植物を使って行うことが重要になってくるのです。
エコロジー時代における土壌浄化は、環境臍側面も考慮して大麻草を活用することが重要になってきていますから、これからは大麻に対する知識と使用用途の違いで法律の見直しも含めて、大麻草の活用によるより良い社会の構築が期待されます。

エジプトのミイラ

麻は広く世の中のために利用されているものです
世界中で大昔から、様々なことに利用されているのが大麻です。
エジプトのミイラは麻の布で覆われていることは皆さんもご承知でしょう。
エジプトの王様が身にまとうモノということは、麻は非常に貴重なモノであったことは察しがつくでしょう。
もちろん、それは万国共通で日本でも古来大麻は罪穢れを祓うものとされ、古くから利用されてきました。
しかし、うれしいことに、それほど、厳かな存在でありながら、非常に身近な存在でもあるということです。
繊維は耐久性に非常にすぐれているので、衣類の素材として広く一般人にも普及しています。
それは今でも同じで夏の暑さをしのぐのに麻製のシャツなどを着れば、熱がこもらないので、私も非常に重宝しています。
しかし、大麻と聞いて、誰もがすぐに連想するのが、取締法で禁止されているというイメージです。
現在、日本でも、大麻の栽培は、もちろん禁止されています。
しかし、大麻の種子製品や大麻繊維を取り扱っても問題はないのです。
大麻のすごいところは医療的にも美容的にも効果があるということです。
大麻(ヘンプ)の種子から取れる油脂は麻の実油、大麻油と呼ばれています。
麻の実油は多くの必須脂肪酸を含んでいて、その成分量は他の食用油と比較しても大変多く含まれています。
必須脂肪酸は体内で作ることができないため食べ物からしか摂取できないモノなのです。
ですから、小食の現代の日本人にとって、不足がちになっていたり、バランスよく摂取できていない栄養素なのです。
そんな必須脂肪酸を多く含んでいる麻の油を利用しない手はありません。
和洋中どんな料理にも相性が良く、口当たりが非常によくコクがあるのにあっさりしているのが特徴です。
毎日、様々な料理で麻の油を摂取すれば、健康で長生きできる体になれます。
サプリメントとして、毎日、苦労なく取ることができるので大変に良いです。
さらに、その油は食べるだけではなく工業用に塗料や潤滑油としても利用されているのです。
そして、何より、皆様がご利用しているのがその抗菌性をいかして石鹸やシャンプー、洗剤などにも利用されていることです。
大麻は植物ですから天然の植物オイルということになりますから安心成分ということになるのです。
安心の天然素材ということですから敏感肌、乾燥肌、普通肌、混合肌、脂性肌などすべての肌質でも問題なく使用できる。
保湿性にすぐれているので、顔だけじゃなく全身のケアにも利用できます。
私は爪のケアにも使用しています。
麻の実油に含まれているリノール酸、αリノレン酸、γリノレン酸などの必須脂肪酸は皮膚細胞にもっとも必要とされる成分なので皮膚にも非常に良いのです。
食用にも美容にも身体の内外から人の健康に働きかけてくれる優れものなのです。
医療的にはがん治療にも有効とも言われているぐらいです。
将来的にはがんの特効薬として認知されるかもしれません。
大麻の危険性ばかりじゃなく、その有効な幅広い範囲での有効性も知っていただけたと思います。

痛みからの解放

痛みからの解放のためにも大事な医療での大麻やヘンプ製品について
最近では若い人が気軽に違法ドラッグを使う事が社会的に問題になっています。
また覚せい剤なども手軽に手を出す人が増えていて、これも社会的な問題になっています。
近年医療現場では痛みを緩和して、癌など痛みを抱えている患者さんが日常を快適に過ごせるようにしようと言う動きが出てきたと言う事を新聞やテレビで聞いた事があります。
絶えず痛みを抱えていると言うことはストレスにつながり、QDL、患者さんの生活の質も下がってしまいます。
痛みから解放するために医療の現場ではモルヒネなど大麻系の麻薬が用いられます。
もちろん医療現場ですから、これらの製品の危険性は十分理解されているので、誰もがもらえるわけではなく、ちゃんと医者からの処方の元、特別な薬局でしか麻薬系の痛みどめは手に入らないようです。
私の知り合いの人で大きな手術をした後後遺症の痛みがとても強いので、医者に処方をされて、麻薬系の痛みどめを飲んでいる方を知っています。
この方も自分の飲んでいる薬が麻薬系の薬だと知っています。
でも飲み続ける事で本当に痛みから解放されることをとても感謝しています。
健康の人にはわからない、大病をした人の痛みとの闘いです。
社会的に問題だから、
絶対にだめなどとはとても言えないと思いました。
もし痛みがなくて元気でいられるのなら、私はこの強い痛みどめを正しく用いて、
飲むべきだと思います。
痛みと闘うと言うイメージ、末期がんなどの場合も痛みを緩和するためにモルヒネを使うことを実際に知っています。
もちろんどんどん効きが悪くなるので、量が増えるなど、万能薬ではないですが、人が
人として末期がんでも痛みから解放されながら、安らかに最後を迎える日まで
元気に日常を過ごせるようにするためにもやはり私はモルヒネをがん患者に投与することは大事だと思います。
痛みを軽減することで余命より長く生きた人もいたと言う事を聞いた事があります。
つらい痛みから解放されるために、これからも正しく医療現場でモルヒネなどの薬が用いられることを私は望んでいます。
大麻やヘンプは薬だけでなくて、衣料品などの素材としても使われます。
これは古代からある物で、ちょっとごわごわした感じはなかなか素敵です。
今天然素材などが見直されている中でヘンプ製品は”古きからある良い物を再発見”と言う所ではないでしょうか?”温故知新”?色々なヘンプ生地の製品が現代の
アイディアで生まれているのではないでしょうか?
実は自分の姉からヘンプ生地のバックをもらったことがあります。
とても丈夫なので、まだまだ現役で使っています。
日常の中で出し惜しみなく使える所が気に入っています。
初めて姉からもらった時に”これ大麻が原料になっているヘンプの生地だよ”と言われた時はとてもびっくりした記憶があります。
そして古くから使われてきた物だと聞いてもっと驚いた記憶があります。
あまり大麻と言うといいイメージをもっていなかったのですが、生地にもなってしまう大麻だと聞いて、使い方によっては本当にいい物なのだなと当時思った記憶があります。
正しく、やさしく大麻を利用すれば、私たちにとっても便利な大麻であることを改めて思いました・

大麻の昔の姿

大麻の昔の姿は毒性のない良いエコな草
きっと大麻と聞くと危ない麻薬だと連想する方がほとんどではないでしょうか?
実は詳しく知るまで、私にも危ない薬草のイメージしかありませんでした。
学校などでもそういったことについて、
「危険だから絶対に手を出すな。」
という授業を受けたことがあり、思いだします。
なのでまったくもって危ないイメージしかありませんでした。
何かで正しい知識を教えてもらわなければ、こういった知識のままに思い込んでいる方が多いと思います。
しかし、大麻と書いてタイマではなくオオアサと呼ぶこともできます。
実は日本でも大麻草は国草であるといっても良いくらいに使われていたエコな草でした。
知らない方はこういった事実があるなんて信じられないですよね。
なぜかというと毒性のない大麻もあって、むしろ不思議な力があったり漢方として口にすることもできたためです。
幻覚を見るような使い方をしておらず、大麻(おおあさ)とは健康・美容効果のあるハーブであり、その油は車の燃料にもなるので正しい使われ方をしてきました。
繊維などもいろいろな素材に使えるので余計な部分がなく活用が多様にできました。
そして、麻には不思議な力があるとも信じられていました。
実際にブレスレットのようなものも作られていまたようです。
大正時代には、まだ大麻も禁止などもされていなかったので、大切に扱われてきました。
また、家庭においても大麻を大切なものだと、子供たちに教育を行ってもきました。
なので、今の教育のように危ない草だ。
という教育はされておらず、逆に良い草としても教育されてきたのです。
こう見てみても、危険なタイマというイメージではなく、オオアサという良い製品として使われてきたことがよくわかります。
日本でも危険な草として言われるようになってしまったのは、
最近の昭和や平成の時代になってからです。
間違った使い方をしている方がいるために、本来は良い草なのに誤解されているんですね。
日本では大麻(おおあさ)の成分を使って喘息やアレルギー、痛み止めなどに効く漢方薬として販売もしていたようです。
子供達にも多いアレルギーや喘息にも効く上に、漢方薬なので普通の医薬品よりも副作用のようなものも少なく使えたようでもあります。
毒性のない大麻は毒性どころではなく人の病も治していたようです。
今でもアレルギーや喘息で苦しんでいる方はいるので、漢方薬として再開して使えるようになればいいのでは?とも思っていまいます。
近年ではこの大麻の力にも注目しており、毒性のない大麻はいろいろな病にも漢方薬として効くこともわかってきているそうです。
決してニュースで逮捕されてしまうような毒性の大麻ばかりではないのです。
しかし、日本ではまだまだ危険な草ということで、栽培も輸入もできない状態にもあります。
せっかく注目されているのに日本では使えません。
確かに間違った使い方をして幻覚を見ている人もいるので、取り締まっているとは思いますが、
こういった間違った使い方をさせないようにしながら、毒性のない大麻を昔に戻って使用すれば有効活用ができるのではないか?と感じました。
せっかく大麻はもともとは悪い草ではないのに残念なような気がします。
そして、私のようにただ危険な草という印象しか持っていない人も多いと思うので、
毒性のないものもあるということなどを、知らない人にも伝えたいと思いました。

エコロジー時代だからこそ大事なこと

エコロジー時代だからこそ注目点が多い大麻(ヘンプ)製品というと
人類が地球上で知能を武器にして食物連鎖の頂点に近い位置にいる現在、文明が発展してさまざまな技術が進歩し、やがて産業革命による大量生産大量消費社会が誕生して現在に至っています。
化学技術が急速に進歩していったなかで世の中の全てを化学物質および物理法則で解き明かしていけるという前提をもってしまったかのような近代工業社会は、その大量のエネルギー消費をまかなうために生産および消費活動をより省エネ化することが必要になってきました。
いまや繊維製品まで化学繊維で大量生産することが経済学的には正しいといわれている状態ですが、徐徐にエコロジー時代だからこその自然の恵みを活用する必要性に迫られています。
実は近代工業社会が産業革命で大量消費社会になる以前から、人類が生活物資の原料として使用してきた素材があります。
それが大麻という植物で、一年草のため毎年収穫が見込める上、痩せた土地でも難なく育っていくという強靭な生育力を誇っているのです。
大麻が強靭な生育力を誇っている理由として、発芽の際に大量の二酸化炭素を消費する特性を挙げることができます。
二酸化炭素は地球上のどんな場所にも存在している元素ですから、二酸化炭素を大量に消費する特性をうまく生かして、地球温暖化防止にも貢献するというわけです。
発芽の時に地球温暖化防止に貢献するというだけでもエコロジー時代に待ち望まれている植物である大麻ですが、自然な形で生育する場合に注目すべきことはその茎の太さと長さです。
これは医療用でも産業用でも大差はなく高さが3メートルほどまで生育し、しかも茎の繊維は通気性に優れていてしかも丈夫な繊維なので麻糸に加工してから衣料品を作る原料として日本でも古来から使われてきました。
種は食用として充分な栄養があり、しかも種を絞った油は産業用の油としても使われていたという戦前の記録が残っています。
葉や花、果実には薬効があってその薬効の一つが陶酔成分のTHCであり、この陶酔成分は痛みの緩和にも役立つとして最近では外国において緩和ケアにも使われているのです。
大麻(ヘンプ)製品には大麻そのものを加工した麻糸などの製品とともに、種子や葉、花、果実などを絞ったオイルを混合した健康食品もあります。
毎日の食事で大麻(ヘンプ)の有用成分を身体の中に取り込んでいくと、身体の免疫機能が向上して病気に対して抵抗力のある身体になれるからです。
大麻(ヘンプ)オイルは石鹸などに混ぜておけばハーブとしての作用があってほのかに香る健やかなにおいが精神的にも落ち着くものとなっています。
さまざまな種類の大麻(ヘンプ)製品が、最近ではその機能性の高さや自然環境保護にも貢献するところから販売されています。
なんといっても大麻草が生育する時には土中の重金属を吸い上げて浄化するという作用もありますから、知らず知らずに農薬や薬剤などで汚染されている土壌を綺麗にする効果があり、なおかつ工業製品などで有用性も高いというエコロジー性は見逃せないのです。

オランダ屋

我が家では数年前から家族みんながそれぞれオランダ屋を利用しています。
最初のきっかけは主人の薄毛治療薬でした。
40代になって抜け毛が増えてきて、はじめは仕事が忙しくてストレスが溜まっているからだろうと思っていましたが、仕事が一区切りついて十分休息をとっても改善しなかったんです。
それから一人であれこれ薄毛対策を試しては落ち込んでいたものの、最終的には皮膚科に行って男性型脱毛症だと診断されてしまいました。
それはプロペシアという飲み薬を飲めば抜け毛を抑える事ができますが、保険診療ではないため治療費がバカになりません。
出費を抑えつつも治療を続ける方法はないかと調べたところ、個人輸入で海外の安いプロペシアジェネリックを手に入れる方法を見つけてきたんです。
その薬があまりにも値段が安かったので、それを聞いた時は主人が騙されているんじゃないかと心配してしまいました。
ただお金を騙し取られるだけならまだいいですが、もしもよくわからない薬を飲んで体を壊してしまってはいけないと思ったんです。
ですが、主人に詳しく説明してもらうと、国内で認可されていない薬でも個人輸入で取り寄せる事は認められているようですし、オランダ屋という有名な個人輸入代行サイトを利用すれば、怪しい薬を掴まされる事はないとわかりました。
わたしも自分で調べてみたところ、個人輸入を利用している人は意外と多いようで、わたしのような主婦の方でもシワとりクリームや低用量ピルなどを購入するのに利用しているようです。

その後、実際に主人がプロペシアのジェネリックを購入するようになり、浮いたお金で一緒に育毛剤も購入して治療を続けたところ、みるみる髪の毛が元のようにフサフサに戻ったので驚いてしまいました。

娘も、飲み薬で髪の毛が生えてくるなんて半信半疑だったようで、海外の薬の効果に興味津々です。
他にどんな薬があるのか聞いてきたほどでした。
実はわたしも主人の変化には感動してしまって、奥様方に人気だと言うシワ取りクリームを使ってみたいと考えていたところです。
そこで、ダイエットとニキビケアに興味があった娘と一緒に会員登録をして、それぞれ買いすぎないことを約束してオランダ屋を利用するようになりました。
はじめは主人のアカウントでまとめて購入できるかと期待したんですが、医薬品の個人輸入は自分が使う分にだけ認められているので、家族の分をまとめて購入する事はできません。
少し不便に感じたものの、きちんと法律を厳守しているという事で逆に安心できました。
今ではすっかり家族全員がオランダ屋のファンで、とくに美容に関してはこちらを利用していなかったら今のわたしはないというくらいお世話になっています。

ちなみに私だけが愛用しているわけではないという証明のために、他の人の感想も掲載しておきます。

他社と比べても安いと思える物が多数そろっているからです。
初めて利用してから既に2年近く海外医薬品を購入していますが、今の所トラブルは1回もありません。
その点もすごく気になっています。

引用元・・・オランダ屋

おかげで近所の方にもいつも肌がキレイねとか、ご夫婦揃って若々しいわねとか、娘さんはあなたに似てるねとか、色々と嬉しいお言葉をもらうようになりました。
普段から美容や健康にも気を使うようになり、以前より心もからだも元気になったと思います。