優れた環境保護的側面

優れた環境保護的側面をもつ生育環境が特徴的な大麻草についていうと
大麻草の生育環境というと現在では大麻取締法で取り締まられているために一般の人はほとんど知らないという感じになっています。
しかしながら第2次世界大戦後に大麻取締法が施行されるまでは日本のどの山にも大麻草は自生していたわけでして、戦前、戦中を生きてきた高齢者の方は大麻草の生育環境を良くご存知の方も多いです。
なぜ高齢者の方が大麻草になじみがあるのかというと、日本の神社は大麻草の存在との関係が濃くて鳥居にかけられる縄も麻製であることが普通であったり、服の生地が麻製であったりすることが日常的な状態で過ごしてきたからという理由があります。
種子、葉、果実には薬効成分が含まれていて食べると身体の調子が良くなるということは民間療法として伝承されてきていますから、大麻草は人間が健やかに生きていくために必要な植物としてかつては日本人の誰もが認識していました。
法治国家の常というかたちで法律ができている以上は従うという感じになって戦後60年以上を経過したわけですが、その後の日本国土においてどんなことが起こっているのかをみると、大麻草の自生を許さなくなってきたためにさまざまな災害や不利益が起こっているのです。
大麻草の発芽の際には大量の二酸化炭素を消費する必要があるわけでして、それによって大気中の余剰な二酸化炭素が減少するという側面があったため、温暖化防止という環境臍側面における大麻草の優れた作用を打ち消してしまったとされています。
しかも最近、大雨が降ると山で地滑りが起きてふもとに存在する集落に土砂が直撃するという被害が多くなっています。
これは山に植えた木が杉の木でもともと値を深く張る事が少ない種類なために表土が滑りやすくなってしまったという理由もありますが、下草としてしっかりと深く根を張る大麻草が自生を禁止されてしまったから表土がしっかりと値にからめとられることもなく滑り落ちやすくなってしまっている野も大きな理由の一つです。
環境温暖化の原因である過剰な二酸化炭素量を発芽の際の消費で大幅に減らしてくれる大麻草の生育環境は、深く根を張ることでも地滑りを防止してくれて山間部の安全面をサポートしてくれていたわけですから、環境保護側面での大麻草の貢献はかなり高いものといえます。
環境保護側面で更なる大麻草関連の話題としては、土壌中の重金属を素早く吸収していく土壌浄化作用が大麻草にはあることを挙げます。
高度経済成長期には知らず知らずのうちに大気中に化学物質を排出していたという状況なので、土壌にも化学物質が堆積していることは容易に想像がつきますから、土壌の浄化を薬剤によらずに自然の植物を使って行うことが重要になってくるのです。
エコロジー時代における土壌浄化は、環境臍側面も考慮して大麻草を活用することが重要になってきていますから、これからは大麻に対する知識と使用用途の違いで法律の見直しも含めて、大麻草の活用によるより良い社会の構築が期待されます。